ワードプレス記事を外注化する時のユーザー設定

ペラサイト

外注ライターさんに、記事を直接ワードプレスに入稿してもらう際の設定方法です。

ワードプレスではユーザー設定する事で、管理人以外の人でもログインして記事を書く事ができます。

ワードやGoogleドキュメントで書いた記事を受け取った場合、ワードプレスにコピーするのが手間が増えてしまいますので、最初からワードプレスに書いてもらった方が効率的が良くなります。

ワードプレスであれば、そのまま画像入れや装飾も可能になります。

ワードプレス記事を外注化する時のユーザー設定

ワードプレス記事を外注化する時のユーザー設定は、以下の手順で設定してもらえればOKです。

ワードプレス管理画面の「ユーザー」から「新規追加」をクリックします。

ユーザー設定画面

①ユーザー名
ユーザー名を記入します。

②メール
メールアドレスを設定します。
※すでに他ユーザーが使っているメールアドレスは利用できません
※メールアドレスが無い場合はダミーアドレスを入れる

③パスワード
パスワードを設定します。

④権限グループ
ユーザーの権限を「投稿者」にします。「投稿者」にする事で記事投稿に関係する項目だけユーザー使用可能になります。
※ここは間違えないように注意
※ユーザー権限について詳しくしりたい方はこちら

以上で設定は終わりです。「新規ユーザーを追加」をクリックします。

外注ライターさんにお渡しする情報

ユーザー設定が終わったら、外注ライターさんに以下の情報をお渡しします。

①ログインURL
②設定したユーザー名
③設定してパスワード

上記ログイン情報で、外注ライターさんがサイトにログインできるようになります。

外注ライターさんがログインした時の管理画面

外注ライターさんがログインした時の管理画面は以下のようになります。

管理画面/投稿者

ユーザーの管理権限を「投稿者」とする事で上記のように、投稿に関連した項目しか表示されなくなります。

投稿した記事は、ユーザー本人が書いた記事しか変更できません。

まとめ

今回は、ワードプレス記事を外注化する時のユーザー設定について解説しました。

記事をワードプレスに直接書いてもらうことで、効率よく作業がすすめられるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました