シリウスで作ったサイトを新しいサーチコンソールに登録、サイトマップ送信する方法

シリウスサーチコンソール ペラサイト

シリウスで作ったサイトをGoogleサーチコンソールに登録し、サイトマップ送信する方法を解説します。

※2019年、新しいサーチコンソールによる登録方法です。

サイトマップ送信する事で、作成したサイトをGoogleに認識してもらう事ができます。

作成したサイトをGoogleに認識してもらう作業を「インデックスする」とも言います。

では、順番に解説していきます。

シリウスで作ったサイトをサーチコンソールに登録

シリウスサイトオプション
シリウスサイトオプション画面

サーチコンソールに登録する前に

サイトオプション⇒全体設定を表示

RSS/サイトマップ生成が、「両方とも生成する」になっている事を確認してください。

Googleアカウントの作成

Googleアカウントを持っていない方は、まずGoogleアカウントを作成してください。

⇒Googleアカウントの作成はこちら

サーチコンソールに登録

Googleアカウントの作成が済んだら、サーチコンソールへアクセスします。

⇒Googleサーチコンソールはこちら

サーチコンソール1
サーチコンソール登録1

URLプレフィックス欄に、登録するサイトのURLをコピペ、入力します。

サイトURLを入力したら、続行をクリック。

サーチコンソール2
サーチコンソール登録2

所有権の確認画面がでてくるので、HTMLタグの矢印をクリックします。

サーチコンソール3-1
サーチコンソール登録3

赤枠内のメタタグを全てコピーしてください。

コピーが済んだら、シリウスの設定画面にもどります。

シリウスサイト全体設定画面

シリウスのサイト全体設計内、「サイトマップ認証用METAタグ」の空欄に、コピーしたメタタグをそのままコピペします。

その後シリウスの再アップロードを行います。
※アップロードしないとデータが反映されないので忘れないように。

サーチコンソール3-2
サーチコンソール登録4

再びサーチコンソールにもどり、確認をクリックします。

サーチコンソール4-1
サーチコンソール登録5

上記画面がでてきたら、サーチコンソールへの登録は終了です。

「プロパティの移動」をクリックし、サイトマップ送信を行います。

サイトマップの送信

サイトマップ送信1

左バーにある「サイトマップ」をクリックします。

サイトマップ送信2

「新しいサイトマップの追加」の赤枠内に「 sitemaps.xml 」と入力し、送信ボタンをクリックします。

サーチコンソール7
サイトマップ送信3

上記画面のように「成功しました」と出ればサイトマップの送信は完了です。

これで、シリウスで作ったサイトがGoogleに認識(インデックス)されました。

まとめ

シリウスで作ったサイトをサーチコンソールに登録し、サイトマップ送信する方法を解説しました。

サイトを作ってもGoogleに認識してもらわないと、Googleの検索結果にはいつまでたっても出てきません。

特に新規ドメインを利用するペラサイトは、いち早くGoogleにサイト認識してもらう事が大事です。

ペラサイトを作成した場合、インデックスの作業は必ず行うようにしてください。

また、内容に関してわからない点などあればお問い合わせよりご連絡ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました