ペラサイトの記事構成と文章の書き方。テンプレート化で時間短縮

ペラサイト文章ペラサイト

ペラサイトにおける記事構成と文章の書き方を解説していきます。

まず実例として私が実際に作成したペラサイトをご紹介します。

⇒私が作成したペラサイト(見本)

以後この、ペラサイト(見本)を元に文章の書き方を順番に解説していきます。

ペラサイトの記事構成

私の作ったペラサイトは以下のような記事構成になっています。

  1. 記事タイトル
  2. 導入文
  3. メインコンテンツ
  4. 補足記事
  5. 運営者情報

この5つの要素で構成されています。

記事のテンプレート化

量産が必要となるペラサイトにおいて、一サイトにかける時間はなるべく短縮させるべきです。

どのペラサイトも基本すべて同じ記事構成となっています。テンプレート化する事で作業時間の短縮をはかります。

最終的に、一サイトにおける文章作成は1時間以内を目標とします。

はじめは、とっても時間がかかると思いますが継続する事で徐々にスピードアップしていきます。

では次にそれぞれの記事の書き方について説明します。

ペラサイトにおける文章の書き方

冒頭で紹介した見本ペラサイトを元に文章の書き方を順番に解説していきます。

①記事タイトル

ペラサイト記事タイトル
ペラサイト/記事タイトル

ペラサイトの記事タイトルを決めます。

記事タイトル作成時の注意点は

  • キーワードを含める
  • キャッチ―なタイトルを付ける
  • 文字数は30文字以内に収める

まず記事タイトルには必ず狙ったキーワードを含めるようにしてください。

ペラサイトのキーワードに関しては下記ページで詳しく解説しています。

今回狙っているキーワードは『インテグレーションタロット 販売店』です。タイトルにはキーワードを含めています。

また、記事タイトルはGoogle検索時に表示されるので、なるべく目を引くようなキャッチ―なタイトルにします。

ペラサイト/Google検索表示

Google検索では上画像のように表示されます。検索者が思わずクリックしたくなるようなタイトルを付けましょう。

Google検索に表示される記事タイトルの文字数は30文字となっていますので、文字数はなるべく30文字以内に収められるのが理想です。

②導入文

ペラサイト/導入文

ペラサイトの導入文です。ここから本格的な文章を書いていきます。

導入文での注意点は

  • 見出しにキーワードを含める
  • 文章内にキーワードを含める
  • あまり長くしすぎない(5~7行程度で)

このような感じです。

見出しにも必ず狙ったキーワードを含めるようにしてください。

導入文では次のメインコンテンツまでに、繋げる文章を書きます。

始めは、商品の簡単な説明を入れ、その後は検索者の検索意図にそって、自信も共感、問いかけするような感じでメインコンテンツに繋げます。

今回の見本記事では「販売店がどこなのか知っていますか?」といったように、訪問者に少し問いかけるように書いています。

導入文はあまり長くならないよう5~7行くらいでサラッと書くように。

導入文が長いと、検索者に離脱されてしまう可能性があります。

③メインコンテンツ

ペラサイト/メインコンテンツ

ペラサイトのメインコンテンツとなります。

メインコンテンツでの注意点

  • 見出しにキーワードを含める
  • 文章内にキーワードを含める
  • 検索者の悩みを解決させる
  • 誘導先リンクを張る

メインコンテンツの見出しもキーワードを含めるように書いてください。

メインコンテンツは、検索者の悩みを解決させる一番重要な部分なので、手を抜かずしっかりと書く事。

今回の見本では「インテグレーションタロット 販売店」をキーワードとしています。

検索者はおそらく「インテグレーションタロットはどこで販売しているのか?」という悩みを抱えてるはずです。

実際にインテグレーションタロットの販売店を調べて、その情報を伝えてあげます。

メインコンテンツでは検索者の悩みを解決させる、手間を省かせる、等を意識するとよい文章が書けるはずです。

検索者の悩みを解決させたら、最後に誘導先のリンクを張っておきます。

④補足記事

ペラサイト補足1
ペラサイト/補足記事1

私の場合ペラサイトの文字数は最低でも1,000文字前後は書くようにしています。

今回の場合、メインコンテンツまでの文字数ではボリューム不足に感じたため、補足記事を足しています。

メインコンテンツまでの文章で文字数が1,000文字以上あるようであれば、補足記事は必要ありません。

補足記事では商品にかんする事であれば何を書いても大丈夫です。今回は商品の特徴を書いていますが、口コミやQ&A等でも問題ありません。

また、補足記事はあくまで、文字数稼ぎの文章なので、そこまで丁寧に書く必要はありません。

ペラサイト補足2
ペラサイト/補足記事2

補足記事の最後には、誘導先リンクを張っておきます。

⑤運営者情報

ペラサイト運営者情報
ペラサイト/運営者情報1

最後に個別ページ運営者情報を載せておきましょう。

運営者情報がないと誰がサイトを作ったのかわかりません。

SEO的にも良くありませんし、必ず入れるようにしてください。

サイトが上位表示されれば、他社ASPから案件紹介のメールが頂ける事もあります。

運営者情報のページは以下のとうり。

ペラサイト運営者情報内部
ペラサイト/運営者情報2

メールフォームはオレンジフォームを使用しています。

無料で利用できますので、メールフォームがない場合は使ってみてください。

⇒オレンジフォームはこちら

まとめ

ペラサイトにおける記事構成と文章の書き方を紹介させて頂きました。

今回のようにペラサイトでは記事構成がすでに決まっているため、一度馴れてしまえば、今後の記事構成で悩む事がありません。また、記事構成をテンプレート化する事で、大幅に時間短縮する事も可能です。

ペラサイトの記事構成、文章の書き方を習得できれば、複数ページのアフィリエイトサイトにも応用できるので是非マスターしてください。

有料note
【副業ペラサイト】月収10万円稼ぐシナリオと具体的手法
副業でペラサイト月10万円を目指すまでのシナリオ。ライバルを減らすペラサイトのキーワード選び、ペラサイト作成スピードを加速させる方法。
ペラサイト
ごうをフォローする
ごうブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました